世界から辛子高菜が消えたなら「もう一風堂には行かないかも知れない」

画像出典:「菊池食品」辛子高菜(からしたかな)オリジナル 

佐藤健
世界から辛子高菜が消えたなら、
この世界はどう変わるのだろうか、、、、

もしも世界から辛子高菜が消えたなら、
もう一風堂には行かないと思う。

なぜなら僕は一風堂に、
無料トッピング扱いされている
辛子高菜を食べに行くからです。

豚骨ラーメンではなくて、
辛子高菜を食べに行ってるからです。

もしも世界から辛子高菜が消えたなら、
チャーハンを食べる回数は減ると思う。

なぜなら、僕は辛子高菜を食べるために
チャーハンを食べようと思うからです。

もしも世界から辛子高菜が消えたなら、
豚骨ラーメンの消費量が少なくなると思う。

なぜならみんな豚骨ラーメンより
辛子高菜が好きだからです、、、

もし共感してくれる人がいたら、
嬉しいです。

「世界から猫が消えたなら」の
予告動画を見て1番に想ったのが、
辛子高菜のことだったので書いてみました。

そういえばなんですけど、

冒頭で紹介した
「世界から猫が消えたなら」って
最近僕が注目している川村元気さん
って人が原作なんです。

この人を知っている人は
普通に知っているかも知れないけど、
数々の映画を手がけてきた
凄すぎるプロデューサーです。

経歴をwikipediaから引っ張ってみると…

2005年、26歳で映画『電車男』を企画・プロデュースして興行収入37億円の大ヒットを記録、社会現象になる[2]

2008年、『デトロイト・メタル・シティ』を企画・プロデュースして興行収入23億円のヒットを記録[2]

2010年、『告白』『悪人』を企画・プロデュース[2]。『告白』は興行収入38億円の大ヒットを記録し、日本アカデミー賞最優秀作品賞ほか、米アカデミー賞外国語映画賞日本代表に選出される。『悪人』は興行収入20億円のヒットを記録し、キネマ旬報日本映画ベストテン第一位に選出されたほか、モントリオール世界映画祭にて最優秀女優賞を受賞した。

同年、米ハリウッド・リポーター誌の「Next Generation Asia 2010」にプロデューサーとして選出された[2]

2011年、優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞[3]

同年、映画『モテキ』を企画・プロデュースして興行収入22億円のヒットを記録。

出典:川村元気-Wikipedia

ちょっとヒット連発させすぎなんですよね。

ちなみにこんな感じの方です。

img_14bf81ca3166ac9803b5ead7010b7473737945

出典:http://toyokeizai.net/articles/-/11689

元々これらの映画を
手がけていることは
知らなかったんですけど、

僕は本が好きなので、
よく本屋に行くんですけど、
川村元気さんの本って
大体いい感じの所にあるんです。

本屋に行く人なら
見かけたことがある本が幾つか
あるんじゃないでしょうか?

これが冒頭の映画の原作です。

さっきのセカネコ同様
本屋大賞ノミネート作品です。

あとは最近のやつだと、

流石にどれかは見たことあるんじゃないでしょうか?

ちなみに画像クリックしたらAmazonに飛べます。

リンク貼るのめんどくさかったんで、
1冊ぐらい買って下さい(笑)

でも大ヒット連発する人の
頭の中を少しでも覗きたい人は
要チェックです!

あと辛子高菜のリンクも貼っておきますね。

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です