本の話

たった一冊で人生が変わってしまう…「あなた、何様?」という凄い本

つ、ついに…

発売されました!!!

たった一冊で人生が変わってしまう本がついに発売されました。

コノホンマジヤバイ。

どんな本かというと、

  • 仕事がしんどい
  • 恋愛がうまくいかない
  • お金がない
  • 自分らしく生きれない
  • 本当にやりたいことがわからない

など、これらの人生の悩みTOP5みたいなものを、全て解消してしまう考え方を学べてしまうんです。

ちなみに僕は5つ全て抱えていると思います。苦笑

5つはないけど、1つや2つはある…そんな方が多いのではないでしょうか。

読んだら必ずそれらの悩みが解決していくような本なんです。

それではあなた何様?をレビューしていきます!!

続きを読む

絶望的な頭の悪さから抜け出す為のロジカルシンキング本4選

どうも佐藤幸輝(@kokixxx621)です。

僕は、スポーツ推薦でしか進学したことがありません。しかも最終学歴は体育大学中退で絶望的に頭の悪い人間でした。

どのぐらい絶望的だったかと言うと、大学のスポーツ推薦の入試で800文字以上で小論文を書けと言われ、語彙が少なすぎて200文字も書けないレベルでした。お前はTwitterをやっているのかと自分で自分を突っ込んだ記憶があります。(笑)

そんな絶望的な頭の悪さから、抜け出すきっかけになったのがロジカルシンキングでした。ロジカルシンキングとは、論理的思考力のことです。僕の中ではロジカルシンキングとは、正しく問題を定義して、正しく問題解決法を考えだすことだと思っています。

これができないと間違いなく仕事は進まなくて、死ぬほど遠回りし続けます。そして、上司に怒られます。「お前はバカか」と。実際にそんな感じよく怒られてました。

人間は考えないと本当にバカになりますよ。僕は生まれてから20歳まで考える事をした記憶がありませんでした。

ただし、今回ご紹介する4冊の本を読んで、少しずつ絶望的な状況から抜け出す事ができたんです。絶望的に頭が悪いなと思う人は、ぜひ読んでもらえたらなと思います。

続きを読む

GIANT KILLINGの1〜39巻を一気に読んで気づいてしまった圧倒的な結果を出す法則

どうも佐藤幸輝(@kokixxx621)です。

この前久しぶりに
漫画喫茶に行きました。

ダイヤのAを読むはずだったのですが、
たまたま目についたのがGIANT KILLINGでした。

めちゃくちゃ面白いと聞いていたので
手にとってみたのですが、、、

その後まさかの12時間ぶっ通しで
1〜39巻まで一気に読んでしまうとは、
思いませんでした、、、

今回は、
そんな面白すぎるGIANT KILLINGを読んでみて、
なぜか圧倒的な結果を出す法則に
気づいてしまったので紹介します。

続きを読む

人生を変える1冊が見つかる!おすすめ自己啓発本を5冊厳選

どうも佐藤幸輝(@kokixxx621)です。

自己啓発本を探しているけど、たくさん種類があって何が自分の人生を変えてくれるような1冊なのか、なかなか見つからないですよね。

ちなみに自己啓発本というのは、基本的には世の中の原理原則を説いた本ばかりです。だから自ずと内容が似通ったものが多くなります。

そして、自己啓発本には2つの側面があると私は考えています。それは「人生で本当に大事なことが詰め込まれた抽象的でぼんやりしている側面」「1つ1つの例を紹介する具体的ではっきりしている側面」です。

人生にとって本当に大事だけど抽象的でぼんやりしている本は読みづらく理解しにくく、1つ1つ具体的ではっきりしている本は理解しやすいけど本当に大事なことを掴むことができません。

つまり、まず読むべき自己啓発本というのは、2つの側面のバランスが良い自己啓発本だと言えます。

そして今回は抽象的な側面と具体的な側面のバランスが良い5冊を厳選しました。どんな自己啓発本を読んでいいのか、わからない人の参考には必ずなると思うので、ぜひ読んでみて下さい。

続きを読む

「嫌われる勇気」と「幸せになる勇気」が売れた理由とは?読むべき人とは?

どうも佐藤幸輝(@kokixxx621)です。

最近、本屋さんで
この青い本と赤い本を
見る機会って多くないでしょうか?

本屋に行かない人には
全く伝わらない内容かも知れませんが、
どこの本屋にいっても平台にあります。

平台とは?
本屋に入ってすぐに目に付く一番売れ筋
または新刊本を置いてある場所です。

続きを読む

自分の頭で考えられることが教養である!本物の教養を読んでみて

どうも佐藤幸輝(@kokixxx621)です。

教養が大事だとは聞くけど、実際どれぐらい重要なのか?本当に必要なものなのか?いまいちわからないですよね。

今回ご紹介する出口治明(でぐちはるあき)さんの著書「人生を面白くする本物の教養」では、教養を自分の頭で考えられることだと定義しています。

つまり【教養がない=自分の頭で考えることができない】ことになってしまいます。教養を身につけないとヤバい!と思えた方は、ぜひ読んでみて下さい。

続きを読む

三谷宏治さんの「戦略読書」は読書の本当の目的を教えてくれる

どうも佐藤幸輝(@kokixxx621)です。

今回は記憶にも新しい経営戦略全史ビジネスモデル全史の著者である三谷宏治さんの戦略読書という本を読んだので、感想やおすすめポイントなどを書いていこうと思います。

ざっくり説明すると、みんなと同じような本を読んでいると同じような人になってしまうから、どうすればいいのか書いてある読書指南書です。

そもそも日本人は本を読む人が少ないので、量を読むだけで一般人から抜け出せそうですけどね…

そう思って僕は「戦略読書?邪道だな。楽しめよ!」とか思って、初めて本屋で見つけた時、スルーをしました。

でも数日後には三宮センター街のジュンク堂書店で戦略読書を手にとっていました。表表紙をちゃんとみたら「私たちは読んだ本で出来ている」と書いてあり、何かを考えることもなく気づいたら買っていた本です。

続きを読む

現代広告の心理技術101|モノやサービスを提供する全ての人が読んだ方が良い本

どうも佐藤幸輝(@kokixxx621)です。

営業マン、マーケター、ライター等、モノやサービスを提供する全ての人が読むべき本を今回は紹介します。

現代広告の心理技術101という本なのですが、この本最強です。消費者の心を動かす心理技術がこれでもかと書いてある本です。

これでもかって言うより全て書いてあると言っても過言ではありません。僕はこの本は営業やマーケティングの基礎になるものなので、正直読んでないのは損です。

なぜ損なのかその理由を書いているので良かったら読んでみてください!

続きを読む

限りなく透明に近いブルーを読んでみて|想像したくないことを強制的にイメージさせられた

どうも佐藤幸輝(@kokixxx621)です。

前回コインロッカー・ベイビーズの紹介をしましたが、今回は村上龍の処女作である限りなく透明に近いブルーの読書感想文を書いてみようと思います。

この記事はネタバレしちゃいけないと思って、かなり中途半端になってしまいました。今回はネタバレもあります。と言っても作品的にネタバレしたから、読んで驚きが減るような作品じゃありません。

ちなみに舞台になっている福生は、神戸からみたらほぼ地元です。母は完全に福生で育った人なので、この頃のこの地域の話は色々聞いています。

続きを読む

コインロッカー・ベイビーズを読んだらエグさや痛さの中を駆け抜けた気がした

どうも佐藤幸輝(@kokixxx621)です。

今回はずーっと気になっていて読んでいなかった村上龍さんのおすすめ本?代表作?のコインロッカー・ベイビーズを読んだので、紹介したいと思います。

ちなみに村上龍さんといえばカンブリア宮殿とイメージする方が多いのではないでしょうか?あれ僕だけですかね?僕の家にはテレビがありませんが、たまにYouTubeで見かけます。

あと幻冬舎社長の見城徹さんの編集者という病い (集英社文庫)に出てくる村上龍さんのエピソードを読んだことがあったので、村上龍さんには元々興味津々で絶対に読もうと決めていました。

コインロッカー・ベイビーズの簡単な感想を書いたので良かったら読んでみてください!

続きを読む

社会人4年目の23歳だけどおすすめしたいビジネス本6冊

どうも佐藤幸輝(@kokixxx621)です。

まだ社会人4年目の23歳のクソガキですが、今まで読んだビジネス本の中で本当に役に立った6冊の本をおすすめしたいと思います。

多少今までしてきた仕事に偏りますが、僕は「良い本を読んできた」という自負があります。壁にぶち当たった時は、これから紹介する本を参考にして頂けたら幸いです。

ただし仕事が全く続いてないので「お前の言うことは信頼できない」と思われるかも知れません。しかし僕がまだクソガキなだけで、本は最高のものです。

興味があれば最後までお付き合い下さい。

続きを読む

読書初心者必見!面白くて一気に読めるおすすめ本9選

どうも佐藤幸輝(@kokixxx621)です。

読書したほうがいいのは頭ではすごく理解してるけど、なかなか行動に移せないですよね。でもめちゃくちゃ面白くて読みやすい本があったら読めますよね?

今回は本を読むのが苦手な人ですら、面白くて止まらなくなる本を9冊ご紹介します。ただし僕が読んできた本を選んでいるので偏ってます。でも何を読んでいいかさっぱりわからない人は、ぜひ参考にして下さい。

続きを読む